どくだみ摘み

どくだみが大好きです。
緑の葉の上に清楚な真っ白な花が咲くこの季節を待っていました。

どくだみは、花の咲き始めた頃が1番パワーが強いのだと教わりました。
昨日、お友達から『どくだみ満開スポット見つけたよ』
と連絡が入ったので、瓶を片手に急いで花摘みへ。

どくだみの花をウォッカに浸けてチンキにします。
チンキとは、ハーブの有効成分をアルコールで抽出することです。
昨年のどくだみチンキは、ゆくりねの石けん教室でも大活躍だったので今年はたくさん仕込もうと思います。

どくだみは古くから民間薬として使われていて、『毒下しや痛み止め』に効果があることからドクダミと呼ばれるようになったとか。
どくだみの『クロロフィル(葉緑素)』が皮膚組織の再生を促し傷口を素早く修復し、膿(毒)を吸い出してくれるので皮膚トラブルに効果的だと言われています。
美白、ニキビ予防、あせもなどへの効能も期待できるので今年もどくだみにお世話になりたいと思います。